サラリーマンの確定申告(株編)

スポンサードリンク

サラリーマンが株で利益が出た場合は確定申告が必要ですか?

サラリーマンが確定申告するケースとして株で儲けた場合があると思います。株であれ先物取引であれ、サラリーマン以外の収入が20万円以上あった場合には確定申告は必要となります。ただし株の場合には、売買手数料や消費税の費用が発生しています。その費用を差し引いて20万円あった場合に確定申告が必要となります。サラリーマンが株で利益が出ない場合でも確定申告はしておいた方がお得な制度があります。それは3年間に渡り損失を繰り越すことが出来ます。例えば今年10万円損失が出たとします。来年40万円利益が出たとすれば30万円が課税対象になるという便利な制度です。それに株の場合は株を購入して売却したときに利益なり、損失が分かりますので、あくまでも売却して利益や損失がでた年にはじめて確定申告することになります。

サラリーマン確定申告の悩み

サラリーマンが株取引で確定申告をする際に、心配なのが確定申告をすれば会社にバレるのではないかと言う心配でしょう。最近でこそ副業を容認する会社も増えていますが、就業規則ではっきり副業禁止を謳っている会社もあります。サラリーマンの株取引は副業と多少違う解釈もあると思いますが、実は「住民税」が副業をしていると盲点になっています。サラリーマンであれば会社から住民税が天引きされているのはご存知ですよね。株取引で副収入があるとその収入も住民税の対象になります。サラリーマンであれご自身で、確定申告をするとその住民税の対象分が会社にも行くことになってるのです。ご存知でしたか?会社に副業がバレる!と考えてると思いますが、バレないようにするには超カンタンです。サラリーマンが株取引で確定申告の際に確定申告書の「第二表」を開いてみましょう。右下に「住民税・事業税に関する事項」という欄がありませんか?その中の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」というワクの「自分で納付(普通徴収)」欄にチェックを入れるだけ。そうすると年四回に分かれた形で、副業に対する納税通知書が送られてきますので払えばいいだけですね。

サラリーマンで確定申告をしないでいると。

サラリーマンでも株取引を行い確定申告をしないでいると遅延税が掛かってきます。税金はどこまでも追ってきますので注意が必要です。サラリーマンをしていると確定申告は少し面倒かもしれませんが、株取引で利益が出た場合などは放っておかないで確定申告をすることをお勧めします。遅延税とは法定納期限までに完納しない税額に対して課される遅延損害金の事です。サラリーマンの方が株取引で利益が出た場合は、この辺の認識は持っておいて確定申告を期限内にしておきましょう。ちなみに遅延税額の計算は「納税額× 14.6%(※)×計算期間 / 365」で「※は期限の翌日から2月を経過する日までは、年「7.3%」と「前年の11月30日の公定歩合+4%」のいずれか低い割合が適用」サラリーマンにも容赦なく税務署は来ますので株取引で利益が出た場合は注意が必要です。加えて無申告加算税と言うのも発生します。税務署は本当に容赦は無いですから。無申告課税とは本税に対し15%の税率で加算されます。

スポンサードリンク
レンサバスペック